ぎっくり腰には鍼灸が効くという記事を前回書きましたが、結局2回針を打ってもらい、1回目は効いたのですが、2回目はほとんど効きませんでした。

指す場所や深さにもよるし、施術した先生の技術にもよるのかもしれません。

寝返りがうてないほど痛むので、ついに、薬を飲むことにしました。

三共のロクソニンSが効くとネットにありましたが、自宅にたまたま、娘が歯医者でもらったボルタレンという鎮痛剤しかなかったので、食後に飲んでみました。

効きました!あっという間に、腰の痛みが引いて、普通に動けるようになったのです。

薬でこんなに簡単に良くなるんだと感動しました。

ネットで調べると、ボルタレンが一番効くみたいですね。ただ、胃が荒れやすいので注意が必要だとのこと。

今後は、胃に優しく、値段も安いロクソニンSを常備して、活用していこうかなと思っています。

ヨーロッパでは、腰痛にはアセトアミノフェンというのが常識のようです。アセトアミノフェンといえば、市販の風邪薬に必ずといっていいほど入っていますよね。

ぎっくり腰の痛みや腰痛は、意外と、風邪薬をのむだけで治ったりするのかもしれませんね。

ただ、腰痛を根本的に直すには、やはり、ウォーキングなどの筋肉運動で足腰を鍛える必要がありそうです。